無職になってやることがないって人は絶対にこれをやれ

無職

無職になったら転職先を探すか個人で生きていくのか、何をするかは本人の意思の問題ですが、社会人生活を送っていた人がいきなり無職になると、社会から疎外されたような気持ちになります。
これは精神衛生的にもよくありませんが、無職になったけどやることがないという人もいるようです。
この二つのパターンの場合に共通して、やるべきことがあります。キーワードは自己投資です。

無職になると時間の流れが一転しお金と時間の価値観に変化が生まれることが多いです。そのため時間をどう有効に使うか?という視点に切り替えると、無職ライフが面白くなってきます。

無職になってやることない人はとりあえずこれをやっとけ

無職になったが暇で時間を持て余してしまう人は、とりあえずこれをやっとけということを紹介します。
無職の最大のメリットは時間が自由にあるってことなんです。
社会人の時は時間の使い方が雑です。家に帰ったらテレビ見たりネット見たり、休日はだらと過ごして気が付けば月曜日が来ている。こんな人が多いのではないでしょうか?

無職になると、スケジュールは全て自分が管理することになります。24時間全て自分の時間になります。ここに着目すると何をするべきか自ずと見えてきます。
社会人時代というのは時間は会社の為に半分使っていた。と言っても過言ではありません。なので、無職になったら時間を全て自分の為に使うべきなのです。

自分の為にフルに時間を使えるのですから、マインドを変えてしまいます。
あなたはプロ野球選手です
プロ野球選手は自分の健康状態をきちんと管理し、良いプレイをする為に練習します。
これをやるのです。つまり、健康管理と何かの為に練習(勉強)する。

筋トレするべき

やることない人はまず筋トレをしましょう。生活水準は下げる必要があるのでジムに行くのは難しいかもしれませんが、ジムに行くのがおすすめです。私はジムに通っていました。

筋トレをすると自分の体が成長していくので、成長を実感することができます。ついでに体も強くなるのでメンタルにも余裕が生まれます。
筋トレをすることでドーパミンやβエンドルフィン、ノルアドレナリといったホルモンが分泌されます。これらのホルモンは幸福感を感じるホルモンですので、無職になったことで落ち込んだ気持ちも筋トレでぶっ飛ばすことができる上に、強くなれる。まさに一石二鳥なのです。

筋トレをする男性

よくマラソン好きの人がランナーズハイという状態になることがありますが、これは走ってて気分が高まり気持ちが良くなる状態のことで、これに似たようなことが筋トレをすることで起きるのです。

早起きするべき

早起きするとあるものを浴びることになります。シャワーではありません。朝日です。
この朝の光はとても素晴らしい栄養素です。

朝日を浴びることでセレトニンというホルモンの分泌が促されます。これは幸せホルモンと呼ばれているので、幸福度が上がります。

心構え

無職になってやることがない、何をしたらいいのかわからない。という人は自己投資をすることを念頭におくといいです。筋トレは最強の自己投資です。

他にも読書やプログラミングなどもおすすめです。
お金は確実に無くなっていくので、スキルアップのために勉強するというのも最高の自己投資です。

ちなみに私は無職になって独学でウwebプログラミングを勉強しました
無職が独学でWEBアプリを作るまでにしたこと

無職になると精神的に不安になったり周囲の目が気になってしまうことがありますが、自信を持って自己投資をしておきましょう。また筋トレをして早起きして朝日を浴びれば、メンタル的にも肉体的にも健康になれます。

とりあえず無職になったはいいけど何しようかな?って人に向けてアドバイスを書きました。
結局は時間の使い方を考え直すというのが一番なんですよね。
全ての時間を自分の為に使えるのが無職の強みなので、自己投資をするのが圧倒的に正しい生き方だと思います。

コメント